ほうれい線が気になって、消したくて仕方がない

エステ

Notice

あごニキビを改善する方法

鏡を見る女性

あごは実はニキビができにくい部位です。汗をあまりかきませんが、皮脂腺の分布が多く毛穴がつまりやすいです。乾燥しやすいのもニキビの原因です。乾燥するとターンオーバーが乱れて古い角質が蓄積し、角質で毛穴がふさがれて皮脂がたまりやすくなります。また、頬杖や口元を拭くなどのしぐさが刺激になることも関係しています。
あごのニキビを治すには保湿が大切です。水分と油分のバランスを整えると毛穴がつまりにくくなり、ターンオーバーが正常になって毛穴がつまりにくくなります。
保湿成分にはヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンなどがあります。これらは分子が大きく肌表面にとどまりやすいので、成分が毛穴につまってニキビを悪化させることがあります。成分をナノ化してあれば毛穴につまりにくく、角質層にまで浸透して内側から潤いで満たします。脂性肌の人も乾燥が関係しているので、保湿化粧品を使用します。
頬杖をつくクセがある方はクセを治しましょう。保湿をしてもクセが治らないと何度もニキビができます。自分では気がつきにくいので、人に指摘してもらうとよいです。
食事をしたときに口元を拭きますが、そのときにあごまで拭かないように気をつけます。こすると刺激になるので、口元を拭くときは押さえるように拭きましょう。

New Posts

TOP